産業廃棄物・許可・申請・収集運搬・積替え・会社設立@大阪・行政書士はやし事務所

      
会社設立@大阪
会社設立@大阪・行政書士はやし事務所について
 産業廃棄物 収集運搬業の許可の取り方
産業廃棄物に関する許可は大きく分けると
処理業許可 : 産業廃棄物の収集・運搬や処分をする
設置許可 : 産業廃棄物を処分する施設を設置する
に分けられます。
ここでは①の処理業許可について説明します。

産業廃棄物の処理業許可を大きく分けると
A.産業廃棄物収集運搬業 : 産業廃棄物を収集・運搬する
B.産業廃棄物処分業 : (中間処理 と 最終処分 に分かれます)
の2つに分けられます。
※それぞれに「特別管理産業廃棄物(特管)」に関する許可がありますが、ここでは説明を省きます。

収集運搬業許可はさらに
イ.積み替え保管あり
ロ.積み替え保管無し
に分けられます。
※「積み替え保管」とは産業廃棄物を処理場まで運ぶ際の中継所の役割をする保管施設を設け、小型の車輌で一旦そこまで運び、大型の車輌に積替えて処理場まで運ぶような場合です。

ここではまず、産業廃棄物許可の中の、処理業許可収集運搬業許可積み替え保管無しの場合の許可の取り方について説明します。(一番簡単なパターンです)

 どの自治体の許可が必要か
産業廃棄物の収集運搬業は、産業廃棄物を「積み込む場所」と「降ろす場所」の両方の都道府県の許可が必要です。

さらに「保健所設置市」で積み下ろしを行う場合は「保健所設置市」の許可も必要になります。(関西では大阪市、堺市、東大阪市、高槻市、神戸市、姫路市、尼崎市、西宮市、京都市、奈良市、和歌山市)
 許可の種類
・初めて許可を取る場合は「新規」
・5年毎の更新時の許可は「更新」
・許可の内容(取り扱い品目、積み替えの有り無し等)の変更は「変更」

 必要書類
個人、法人いずれにも必要な書類
・許可申請書
・事業計画概要書
・事務所、事業所の位置図及び平面図
 ※積替え・保管を含む場合は
   保管場所の平面図、立面図、断面図、構造図、設計計算書、付近見取図
・車両等の写真
・施設の所有権を有することを証する書面
 車検証、賃貸契約書、土地登記簿謄本
・「産業廃棄物の許可申請に関する講習会」の修了証(写し)
・資金の総額、調達方法を記した書面

法人の場合に必要な書類
・貸借対照表(3年分)
・損益計算書(3年分)
・納税証明書(3年分)
・定款
・登記簿謄本
・役員全員(+5%以上の出資者)の住民票
・役員全員(+5%以上の出身者)の「登記事項証明書」

個人の場合に必要な書類
・資産に関する調書
・納税証明書(3年分)
・住民票
・登記事項証明書
・未成年の場合は法定代理人の住民票、登記事項証明書

 要件
産業廃棄物許可を得るために必要な要件
1.申請日までに「産業廃棄物処理業」に関する講習会」を受講すること。
  申請の際に講習会の修了証が必要となります。
2.収集運搬器材(車両、運搬用容器)
  申請の際に写真の添付が必要となります。
3.事業を継続できるだけの経理的基礎
  「納税証明書」「貸借対照表」「損益計算書」等により判断されます。
4.事業計画が適正であること
5.欠格事由に該当しないこと

これらの要件を満たし、提出必要書類に問題がなければ大抵の場合は許可がおりています。産業廃棄物の許可の中では最も簡単に許可が取れるのが「産業廃棄物収集運搬業の積み替え保管無し」の許可です。

 その他
・許可の有効期限は5年です。更新をする場合は期限満了日の2~3ヶ月前から更新手続きをすることができます。
・産業廃棄物の収集運搬をするのに「青ナンバー(運送業の許可)」は必要ありません。
積み替え保管有りの許可を申請する際には、周辺環境への配慮の為、積み替え保管を行う自治体での事前協議が必要です。

 費用・料金
以下の手数料が申請をする各自治体で必要となります。
新規 更新 変更
 産業廃棄物収集運搬業 81,000円 73,000円 71,000円
 特別産業廃棄物収集運搬業 81,000円 74,000円 72,000円
※審査の結果不許可となった場合でも返金はされません。

当事務所に申請手続きをご依頼される場合は上記の費用の他、
1つの自治体への申請の場合 : 88,000円
複数の自治体への申請の場合 : 2件目以降は1件当り48,000円
(産業廃棄物収集運搬業(積み替え保管無し)の許可の場合)
※価格は税込み価格です。その他の費用は一切請求いたしません。

詳しくは
大阪市のホームページ
申請手続きの概要
講習会について
等でご確認下さい。

行政書士はやし事務所 大阪市中央区道修町1-3-3(406) TEL 06-6228-4522  E-MAIL⇒     
製作 hayashi-homepage