会社設立@大阪 行政書士はやし事務所 一般社団法人設立

      
会社設立@大阪
会社設立@大阪・行政書士はやし事務所について

 一般社団法人とは

従来(狭義の)『社団法人』とは、
  「学術、技芸、慈善、祭祀、宗教その他の公益に関する社団であって、
  営利を目的としないもの」
という民法の規定に基づく『公益社団法人』でした。(営利を目的とするものは『会社』)

2008年12月より『一般社団・財団法人法(制度)』が創設され、剰余金の分配(配当)を目的としない限り、公益性の有無に関わらず、登記のみ(行政庁による許可などが不要)によって法人格が付与されることになりました。

これによって、これまで法人格を取得できなかった「同窓会」や「ボランティア団体」「サークル活動」「地域振興団体」などが法人を設立することができ、銀行口座を開設したり、法人名義の不動産の登記や契約をすることができるようになります。

行うことができる事業に制限がありませんので、営利目的の収益事業や、公益事業も可能です。例えば公益目的である(会社ではできない)「診療所(クリニック)」も法的には可能です。(医療法による医療法人ではない)

『一般社団法人』を設立するには、2名以上の社員(発起人)によって『定款』を作成し、定款の認証し、設立の登記を行うだけです。(会社設立と違い「資本金」は不要です。)

ですから会社を設立するのと、ほぼ同じ手続で比較的簡単に設立することができます。また設立に必要な登録免許税は『株式会社』の場合15万円であるのに対し、『一般社団法人』は6万円となります。(合同会社の場合も6万円)
当事務所で設立する際の費用は総額16万円となります。

『会社』との違い
①剰余金の分配(配当)を社員(会社の株主に当る)が受けることができない。
②法人の名称に「一般社団法人」という文字を加えること。
③設立の際に最低2名必要。(「社団」=人の集まり)
④行うことができる事業に制限がない(営利目的が不用)。  など


一般社団・財団法人 Q & A
法務省発行のパンフレット(pdf)
公益社団・財団法人の移行について
関係法令


行政書士はやし事務所 大阪市中央区道修町1-3-3(406) TEL 06-6228-4522  E-MAIL⇒